USER VOICE

​こちらのページでは、JAVAユーザー様の貴重なご意見やインプレッションを不定期ですが掲載してご紹介していきます。

​■〝カッコイイ〟と思えなければ、乗っていても楽しくありません。 
JAVA SILURO2(keke様/学生)

 

JAVA SILURO2(R3000組)に乗っています。
SILURO2はエアロフレームなので、フレームに迫力があり、他車にも見た目で負けることはありません。フレーム素材についても7000番台のアルミなので良いものだと思います。
乗り心地は平坦ではとても加速して、安定した巡航ができます。アルミフレームということで軽くはないと思いますが、ホイールなどを軽量なものに変えれば重量を軽減することはできます。
実際に軽量化のために、ホイールとサドルを変えてみましたが、ヒルクライムでも十分に通用するような自転車へと生まれ変わりました。最初の状態でも乗りやすくよく進むのですが、パーツを変えるとさらに良くなるので、JAVAのオンラインショップで取扱われているカーボンホイールやハンドルをつけてみたいと思いました。
この値段でこれだけの質、性能なら買って絶対に損はなく、むしろ素晴らしいバイクライフを送れるものでは?と思います。

ただし欠点もあります。
最大の欠点は、JAVA Bikes製品の取扱い・メンテナンスのショップが無いということです。自分で出来たり、気軽に頼めるショップが身近にある方なら安心ですが、まだ自分で調整や組み立てが出来ないという方は整備やちょっとした修理を勉強してから…となります。ですがポジティブに捉えれば、自ら自転車のパーツを変えたり調整にチャレンジすることは、自分と自転車共にサイクルライフを成長することにつながるのかもしれません。

2つ目の欠点は、ボトルケージの穴がダウンチューブにしか無くボトルケージが1つしか付けられないところです。JAVAの他のモデルなら2つあるモデルもありますが、残念ながらSILURO2は1つです。エアロ形状で制約があり仕方ないのかなとは思いますが、レースやロングライドの時はツールボトルやボトルを2本入れておきたいものです。ですから、自分でマウントを買って細工をするなどの工夫が必要となります。

とはいえやはり、この値段でこのクオリティーなら買って絶対に損はないと思います。平坦もグイグイ進み、少しパーツを変えればヒルクライムにも行けるからです。
画像はサドルをサンマルコ、ホイールをマビックに変えています。その結果ヒルクライムレースでも通用できるような自転車に生まれ変わりました。レースに出る場合でもロングライドでも対応できるバイクだと思います。
また自転車はまず自分が〝カッコイイ〟と思えなければ、乗っていても楽しくありません。そういった点でもスタイリッシュなSILURO2は、満足度の高いバイクなのではないでしょうか。

自分はJAVA SILURO2と共に成長して、沢山思い出を作っていきたいと思っています。

Copyright by STRAYDOG&Co Office  2019 / JAVA Bikes Japan 2019 /  JAVA OSAKA SALES 2019

​弊社は、JAVA及び関連商品を生産・販売元であるJAVA Bikesにより日本での販売を許諾されております。